横浜家系ラーメン壱七家

コンセプト

お客様の安全を守るため

衛生管理

社内で衛生管理の規則を設け、全店舗月に一度の担当者がチェックを行っています。

更に万全を期す為に社員全員が店舗の所在地都道府県が定めた食品衛生管理者の講習会を受講しています。

1.まな板、包丁の使い分け

まな板、包丁は野菜用、肉用にわけています。

また、まな板、包丁使用時はアルコールを噴射し殺菌してから使用しています。

  • まな板、包丁の使い分け
  • まな板、包丁の使い分け
2.製氷機のスクープは外部へ設置しています。

スクープの柄を介して氷が汚染される危険性があるため内部への設置は禁止しています。

  • 製氷機のスクープについて
3.資材保管方法について

しっかりと蓋やラップで密閉しているかの確認、また、タッパ自体についているシールが剥がされているかの確認を徹底しています。

4.全ての器具の乾燥がされているか

水分のある環境を避ける為、紙でのふき取りを徹底し、完全に乾燥させてから元に戻しています。 また戻す際は異物混入対策のため逆さまに戻しています。

  • 資材保管方法について
5.手洗いタイマーの設置

各店舗タイマーを設け、1時間に1度の手洗いを義務付けています。

  • 手洗いタイマーの設置
6.手洗い場の確保

手洗い場は食品衛生上シンクと別になっていなければならないという決まりがあります。
当店では専用の手洗い場を使用しています。
また、以下の物を揃えるよう義務付けています。 
爪ブラシ、石鹸水、ペーパータオル、ペーパータオルホルダー、ごみ箱、手洗い 手順表、手洗いチェック表、手洗いタイマー

7.手洗いの手順

当店では以下の手洗いの方法・順序を守り衛生管理を徹底しています。

手洗いの手順

8.健康管理について

出社してきた従業員に毎回その時間の責任者が全勤務スタッフの健康チェックをしています。

9.従業員の飲食の持ち込み

商品に使う食品と一緒の保管は原則禁止としています。

10.清掃について

閉店後は必ず一時間は店内清掃をしています。

11.清掃道具の整理、保管について

必ず、吊るして保管し必要な時にすぐに使用できるように整理しています。

12. 器具、食品は床から15センチ離しての保管を義務付けています。

防災管理

防火についても社員全員が防火管理者及び防災管理者の資格を取得しています。

  • 壱七家のココがいい!
  • 毎月17日は壱七家の日
  • まくり証明書
  • スタッフ募集中
  • メディア掲載情報
  • 魂心家・壱七家公式ツイッター